なんやかん㋳

好きなことの覚書であったり、紹介をしていくつもりです。

「美味しい物を提供したい」と開業を考えるなら必見!万能調理器具ロボクーボ

「食い逃げされてもバイトは雇うな」

2007年に出版されるや、たちまちベストセラーになった本ですがご存知でしょうか。食い逃げをされる損失よりも、バイトを雇うことで生じる人件費の方が大きい……という旨の説明がされています。

飲食業において、FLコストをいかに抑えるかが成功のカギとなっているのは言うまでもありません。(Fは材料費、Lは人件費のこと)

「繁盛している店なのに潰れた」なんてことが起きるのは、家賃、人件費といった出費が原因となっているケースが多いです。なにかと材料費高騰が続く世の中ですので、せめて人件費を抑えることはこれから起業する人にとって大事なことです。

減らせるところは減らす

食券自販機の導入はその点では確かに便利です。しかし、お店のコンセプトによっては導入は難しいですし、そもそもテイクアウトの店では使いようがありません。そうなると人件費を削除するには、食品加工のスタッフを最低限にする必要があります。

ただ、この時気をつけなければならないのがスタッフの負担を増やしてはいけないということ。

2人でこなす10の仕事があったとします。それを1人でそっくりそのまま10するというのは無理です。しばらくは可能であったとしても、そう多くない日に心身ともに限界に達してしまうのは目に見えています。そうならないためにも、仕事をアシストしてくれる機械を効果的に導入するべきです。

楽できるところは楽をする

「手間暇かけた」のキャッチコピーは魅力があります。しかし目指すコンセプトがそこにないのであれば機械化できる部分は機械化し、スタッフの負担の軽減、専門性を下げていくことは持続性を考える上では大事です。

 

働き者のロボクーボ

真空万能調理機

機械を導入をするといっても、スペースは予算には限りがあります。便利だからといってあれもこれも選んでいては首が回らなくなってしまいます。

もしもたった一つ、機械を導入するのであれば。おすすめするのがイタリアのロボ・クーボ社が作った万能調理機「ロボクーボ」です。これは加熱・冷却・真空・加圧を1つの機械がこなしてくれるという優れもの。だれが仕込んでも高品質のものを安定して作り出すことができます。専門性が高いスタッフでなくても仕事をまわすことができるのです。

「混ぜる・砕く・乳化する」のが従来のカッターミキサーですが、ロボクーボはフルーツをまるごと滑らかに仕立て上げてもくれる高性能カッターはそのままに加熱冷却もこなしてくれます。

 なんとジャムを8分で作り、カスタードを10分で作ってくれます。

スペースが無くても大丈夫

小さいもので、外寸が850×650×880となります。ボールの容量は8.0L程度です。お店の規模によってはいささか小さいかもしれませんが、真空・加圧によって作業時間が軽減されるので、どんどん次の商品を製造することが可能です。

 

美味しさに繋がるのであれば、「機械製」であることもメリットになる

美味しさを追求するのであれば、短時間で作業をこなすことはメリットです。劣化を防ぎつつその味わいを凝縮する。そんな人の手では実現が難しい味を機械によって追求することができるのです。「手作りの味」は魅力的ですが、「そこにはない美味しい」に繋がるのであれば機械製であることも大きな持ち味ではないのでしょうか。

美味しいものを安く人に提供したい、そう考えている人がいれば機械の手を借りることも視野に入れてみてください。

スリランカとお金の話

旅行とお金

f:id:yattemiyoo:20180904223405j:plain

ガイドブックを読んでいても、実際に現地に行ってみないと分かりにくいものがあります。それは金銭の感覚です。為替レートを理解していても、実際に使ってみるまではいまいち実感がわかないのではないでしょうか。お土産やグルメを紹介するページを見れば、1皿いくらであるか表記はしていますが、それは観光地・お土産価格(外国人向けの価格設定)であることがあります。

旅行に行く時、いくらくらい持っていけばいいのか。多めに持っていくのか、少な目にしておいて現地で引き下ろすのか。どちらをとるかは人それぞれですが、スリランカの金銭感覚をつかむ助けになればと、今日はお金の話をしてみようと思います。

スリランカルピーの紙幣と硬貨

f:id:yattemiyoo:20180904223929j:plain

珍しい旧紙幣

 

日本円との為替レートはだいたいRS.1=0.7円です。

紙幣は、Rs.5000、Rs.1000、Rs.500、Rs.100、Rs.50、Rs.20です。

硬貨はRs.10、Rs.5、Rs.2、Rs.1、Cts.50、Cts.25です。

ガイドブックによってはRs.2000、Rs.10、Rs.5、Rs.2紙幣の存在をほのめかす記述がありますが、ほとんど出回っていません。新紙幣が浸透しているので、お目にかかる機会がないのです。日本でも幻となった2000円札みたいに見かけたらラッキーですね。

Rs.10以下は硬貨で支払うことになります。

ただ日本程厳密ではないのか、レジでは端数を切り捨てて請求されることが多いです。ですので、RS.1以下の硬貨の出番はあまりありません。

一般的な金銭感覚は?

スリランカでは、およそRs.2000~3000が日給であると言われています。チップを払う時の参考にしてください。

お店でRs.5000紙幣で支払いでお釣りをもらおうとすると嫌な顔をされますが、それはRs5000が高額なので釣銭が不足していることがあるからです。日本の感覚だと釣銭は潤沢に用意をするものだという思い込みがありますが、スリランカの個人商店ではあまり用意をしていません。できるだけ両替時に小額紙幣を用意しておきましょう。

 

チップの有無は?

スリランカでは欧米程チップにうるさくはないです。食事をするたびにチップをウェイターに払う必要はありません。基本的には気持ちのいいサービスを受けた時で構わないと思います。

マッサージ店等、観光客が多い店だと向こうからチップを要求されることがあります。チップ文化圏からの来客が多ければもらう機会も多いでしょうから、店員も期待するのでしょう。指をこすり合わせるジェスチャーをしていれば、チップを要求されているというわけです。露骨に「チップ、チップ」と言ってくることもあります。サービスに満足しているのであれば、料金の数パーセント程度を渡してもいいかもしれません……

基本的にチップを渡す場合は少額で構いません。一日付き合ってもらう貸し切りドライバーでなければ、一度に渡すチップはRS.100程度のことが多いと思います。RS20~Rs.100紙幣を多めに持っておくと便利です。用意しておけば、いつでもサッと渡せるのでスマートです。

 

ルピーの両替

スリランカルピーの両替は日本ではできません。現地に行ってからする必要があります。一刻も早くルピーを手にしたければ空港で両替をしたらいいでしょう。空港ではいくつもの両替商が並んでいます。飛行機の都合で深夜到着になる場合、不安であればドルを用意しておいてもいいかもしれません。ホテルや観光地の入場料等、ドルで支払いできる場所があります。シーギリアロックの入場料が30ドルですので、人数×30ドルを用意しておいても無駄にはならないと思います。

 

ルピーの持ち出し制限

スリランかルピーの紙幣は、鳥と蝶がデザインされています。日本ではまず手に入らないのでルピー自体をお土産にしたいところではありますが、持ち出していいのはRs.5000までという決まりがあります。お土産として各紙幣をコンプリートするのは1度の訪錫では無理となっています。……残念!

出国時に余ったルピーを再両替しないのであれば、空港内で使いきりましょう。ばらまきに使える小さな紅茶の包みが数百ルピーで売っていますし、スリランカのチェーン店らしいカフェでパウンドケーキやマフィンがRs.150程度で手に入ります。大量にルピーが残っているのであれば、マッサージで消費してもいいかもしれません。

家庭菜園はサイクル。ローテーションに組み入れたい枝豆

植える野菜選びも楽しい夏

f:id:yattemiyoo:20180903214458j:plain

家庭菜園にとって夏は選択肢が多い季節です。ミニトマト、ピーマン、ナス、スイカ……大きい庭があるならトウモロコシなんかもいいかもしれません。

プランター、花壇、畑。それぞれ環境や好みによって育てる野菜は異なってくるでしょうが、一角でもいいので是非植えて欲しい野菜があります。それは枝豆です。

小さな粒にぎゅっとつまった栄養素

枝豆というと、お酒のつまみのイメージをもつ人が多いでしょう。枝豆はタンパク質、ビタミンが豊富な上、メチオニンカリウムも含んでいます。二日酔いを予防してくれたり、むくみの改善してくれるのです。

低カロリー、低糖質でありながら栄養満点の枝豆は、夏バテしやすい時期に、積極的に食べていきたい野菜なのです。酒のお供だけにしておくのはもったいない!日々のおかずやおやつにもうってつけです。

時間が勝負

採れたてが美味しい。それは野菜全般に言えることですが、枝豆は特に鮮度が命です。「収穫前にお湯を沸騰させておいた方がいい」と言われているほどです。

野菜の品質と甘みは収穫と同時にどんどん低下をしていきます。市販の枝豆を食べても甘みをそれほど感じないのはそのためです。家庭菜園の場合、畑やプランターから鍋へ直行できるので、お店の物では味わえないような甘さを楽しむことができます。家庭菜園の醍醐味はここにあるといっても過言ではありません。

枝豆は茹でるのが最高

茹でることで生成される甘み成分マルトースと、枝豆本来の甘さが合わさり、驚くほど美味しくなります。加熱4~6分後にマルトースの量が最大となるので、その時間を目安にして好みのかたさに茹でましょう。

 

枝豆の恩恵は栄養だけではない

f:id:yattemiyoo:20180903220549j:plain

土を肥沃にしてくれる

根粒菌」をご存知でしょうか。マメ科の植物の根に生息し、こぶを作る菌のことです。こう説明すると「寄生」しているようなイメージになるかもしれませんが、マメ科植物とは共生の関係にあります。

根粒菌は植物から水等をもらい、空気中の窒素をとりこんでこぶを作ります。植物を育てる上「窒素、リン酸、カリウム」は欠かせない栄養素です。その3つのうちの1つを用意してくれるのだから、マメ科植物にとってもありがたい存在なのだと言えます。

窒素肥料と言えば、魚粉、油粕が思い当たりますが、根粒菌のおかけでマメ科植物の根も緑肥として使えるのです。古くなったこぶは根から離れていき、周囲の土を豊かにしてくれます。

根もそこまで頑固ではない

 家庭菜園の場合スペースが限られています。収穫が終わった場所をそのまま寝かせておくのはもったいないので、すぐ次の野菜に取り掛かりたいと思うのは当然です。一度使った土をまた使える状態に戻すのが手間暇かかるのがネックなのですが、枝豆なら根ごと肥料として使えるので楽です。

枝豆は細く弱らかい根をしています。指で土に差し込めばプチプチと千切れる程度の強度です。ですのでスコップでも十分鋤き込むことができるのです。枝豆の根は分解されやすいので、ざっくりと土を掘り返すだけで大丈夫です。

 

品種が多いので長く楽しめる

f:id:yattemiyoo:20180903222212j:plain

枝豆は夏のイメージが強い野菜ですが、品種改良がすすんでおり10~11月収穫の秋採り枝豆なんかもあります。「4~5月に種を蒔く夏採り」と「7~8月に種を蒔く秋採り」の両方を植えておけば長く自家製枝豆を楽しむことができます。

 

まるで天空の城ラピュタ?神秘の岩山シーギリアロック

文化三角地帯の真ん中

f:id:yattemiyoo:20180901225600j:plain

スリランカ中部に位置する文化三角地帯。そのさらに中央近くの田舎道を車で走っていると突如見えてくるのがシーギリアロックです。

山の上に巨岩があるというのではなく、それ自体が巨大な山だというのだから驚きです。垂直に切り立った岸壁は長い年月を経たゾウガメを彷彿させます。「ワンダと巨像」に出てくる巨像のように、今にも動き出しそうな佇まいをしています。その高さ故に霧や雲に覆われることが多く、その神秘的な姿は人々の心をくすぐります。

スリランカの聖地

古くは仏教僧の修業の場でもありました。岩肌をわずかに削って作った階段や、瞑想に使われたのだろう岩窟等、かつての名残を今でも目にすることができます。

第1414回の「世界ふしぎ発見!」では「魅惑のスリランカ 世界を虜にする輝く島の宝物」のタイトルでパワースポットとして紹介をされました。

日本人に特に人気

シーギリアロックはスリランカに8つある世界遺産のうちの1つです。遥か昔に滅んだ王朝の宮殿跡を抱える岩山はまさに「天空の城ラピュタ」。シーギリアロック目当てにスリランカを訪れる日本人は多いです。コロンボから車で5時間はかかる遠方ではありますが、スリランカに行くからにはここは外せません。

シーギリアロックを登っていると、あちこちで日本語を耳にしました。日本人が多い観光スポットという点で、安心感があります 

 

注意点

遠路はるばるシーギリアを訪れるからには、シーギリアロックを満喫したいのは当然です。思い出に残る登山にするためにも、気を付けておいた方がいいことをいくつか紹介します。

チケット販売所がわかりづらい

スリランカの他の観光地でもそうなのですが、チケットの購入場所がわかりにくいです。入場口からチケット売り場はそこまで離れているわけではありませんが、シーズンや時間によっては長蛇となる列に並びなおす羽目になります。チケットをちゃんと手に入れてから入場口に並ぶようにしましょう。
メインの通路側にも販売所らしき建物はありますが、シーズンや時間によっては閉まっていることがあります。その場合はシーギリア博物館付近まで脇道を入っていく必要があります。外国人観光客はUS$30です。ルピーかドルで支払いましょう。

階段が急でせまい

f:id:yattemiyoo:20180901225647j:plain

階段が多少すり減っている個所や急傾斜となっているところがあります。歩きやすい靴はもちろんのこと、かさばらないように荷物をまとめておきましょう。狭い通路や階段も多く、あまり大きいカバンだと人とすれ違う時に不便です。水分やタオルはしっかり持ち歩きたいところですが、体にフィットするカバンでシーギリアロックには臨みたいところです。裾が長いスカートも危ないのでやめておきましょう。

人が多い

なんと言っても世界遺産です。人が多いので、撮影スポットや休憩できる開けた場所では人が押し合いへし合いすることになります。階段を自分のペースで登れない……なんてことも。

ゆっくりとシーギリアロックを楽しむために、早朝の時間を選ぶようにしましょう。可能であれば前日にシーギリア入りをし、遺跡へ入場できるようになる7:30直後くらいに登山を開始できるようにしておきたいところです。

声かけにご注意

階段のあちこちで声をかけられますし、手を差し出されます。しかし相手にしてはいけません。「補助をしてあげた」といって法外なチップを要求されてしまうからです。中には登り専用の階段でスタンバっていて、背中を押してくるような人までいます。ただでさえ狭い通路なのに、正直邪魔です……「NO!NO!」としっかり拒絶をしましょう。花を差し出されたとしても当然相手にしてはいけません。

蜂にご用心

f:id:yattemiyoo:20180901231149j:plain

人気の「ライオンの入り口」がある広場ですが、ここには蜂の注意喚起をする看板があります。季節や時間帯によっては蜂がブンブン飛び交うことがあるのです。「巣を撤去すればいいじゃないか」と思ってしまいますが、そこは仏教の国だからでしょうか?生き物のありのままの姿を重んじているようです。

あまり蜂が多いようだと入山制限になることもあるので、頂上を目前にして断念することがないように時間にゆとりをもって登るようにしましょう。

野良犬には近づかない

いくつもの階段をすり抜け、登りきったその先で目にするのは遮るもののない絶景。運が良ければ雲が流れるのを眼前に見ることができるかもしれません。そして次に目に入ってくるのが猿や犬です。猿はともかく犬?と思うかもしれませんが、いるんです。野良犬が頂上に。

面白がって餌をあげる人がいるのかもしれません。カバンをあさっていると「なにかくれるの?」と期待して寄ってくることもあるので気を付けましょう。

 

標高約370m、岩頸約195m

f:id:yattemiyoo:20180901232631j:plain

周囲に遮るものがないシーギリアロックは、登っていると高く感じられますが実際はそれほど高いわけではありません。軽いトレッキングのようなものです。

体力自慢でなくても登山はできますが、高所恐怖症の人には少々酷かもしれません。それほど高くないのになぜおすすめできないかというと、絶景すぎるからです。簡易の階段が取り付けられているのは断崖絶壁であることに加え、ステップの向こう側がよく見えます。高所恐怖症の私も頂上まで行くことはできましたが、しっかり手すりにつかまることができるように両手があくようなカバンは必須です。また、手すりが少々錆びているのでウェットティッシュがあると便利です。

 

森の中の象

ジョングルの中にぽつりと存在する巨岩であることから、森の中の象ともいわれるシーギリアロック。

登山アクティビティとしても楽しいですし、歴史を勉強して訪れると感慨深い場所でもあります。登りきるまでの道のりは大変かもしれませんが、その達成感と絶景は旅一番の思い出になること間違いなしです。

家庭菜園で育てるべき4つの香草

香草でワンランク上の味を

料理をしていて「彩や風味付けが欲しいな」と思い立つことがあります。

1品増やそうと、冷蔵庫から出してきた冷ややっこ。そのまま食卓に並べたら味気ないですが、ネギを載せるだけで一手間かけたように見えますし、格段に味がしまります。「あると風味が増してワンランク上の味になる」それが香草の魅力です。

ただ、香草はストックしておこうにもすぐにしなびてしまうので、冷蔵庫の中にはない人の方が多いのではないでしょうか。スーパーで販売している香草は、1度の料理では使い切れない量の葉をパック詰めにしています。冷蔵庫の奥底で忘れ去ってゴミにしてしまうのも勿体ないです。

そこでおすすめしたいのが、香草を購入ではなく栽培です。

栽培のメリット

必要な量をその都度収穫するので、新鮮です。香草は収穫直後の香りが一際強いため、より濃い味や香りを楽しむことができます。

また、経済的に見ても栽培する方が安くつきます。香草は苗でも種でも50~300円程度で入手できます。パック詰めされた葉も同様の金額ですので、その都度購入するよりも栽培した方が出費の総額を低く抑えることができます。

香草は葉を収穫するので、実が成る野菜よりも長く収穫を楽しむことができるのも魅力です。

 

栽培のデメリット

当たり前の帆なしですが植物を育てるのが手間だという人には向きません。毎日水をやるのが面倒……という人は自動給水器の使用をすれば楽にはなりますが、真夏にはやはりこまめな水やりがかかせません。植物のお世話を楽しめる人でないと生命力が強い香草(雑草にもなりかねない生命力)とはいえ、難しいかもしれません。

また虫が絶対無理!という人にもおすすめはできません、栽培環境にもよりますが、アブラムシ等の害虫がつく可能性があるからです。室内栽培にしていたとしても、土と水があれば虫の発生リスクはゼロではないのです。

 

栽培すべき4つの香草

その1:家庭菜園の代表格!ネギ

 家庭菜園の入門ともいえます。ネギは根を付けたまま販売しているものがほとんどですので気軽に始められるのが魅力です。水耕栽培を推しているサイトや書籍もありますが、初心者は腐らせやすいので土に植えることをおすすめします。しっかりと根付いたら土寄せをしていきましょう。土で覆うことで市販されているもののような白い部位を作ることもできますので、掘り出して調理すれば歯ごたえのあるネギを楽しむことができます。

その2:和食で重宝する紫蘇

f:id:yattemiyoo:20180903123327j:plain

好き嫌いが分かれる香草ではありますが、あると便利です。肉や魚に添えることで臭みがとれますし、口の中をさっぱりとしてくれます。夏に特に重宝します。

柔らかい葉を一枚一枚ちぎって使いましょう。一年草なので数か月もすれば薹が立ってしまいますが、放置しておけば簡単に種が採取できます。種の採取が面倒であれば水やりだけをしていればOKです。勝手に種を飛ばしてプランターや花壇内で増えてくれます。雑草のようにたくましい香草です。

その3:洋食を作るならやっぱりこれ!バジル

f:id:yattemiyoo:20180903123346j:plain

これがあれば家庭で作る洋食もワンランク上の味になります。特にチーズやトマトとの相性が抜群なのでイタリアンにおすすめです。葉を刻むのが面倒なら手で細かくちぎるえでも香りが増しますので、ピザやパスタにかけて楽しみましょう。

 暑さに比較的強いのでベランダでの栽培にも向いています。アブラムシには気を付けて、風通しの良い場所でたっぷり水やりをして育てればぐんぐん育ってくれます。こちらも一年草ですので、枯れる前に葉を乾燥させて保存しましょう。バジルも花が咲いたら種を飛ばすので、勝手に増えてくれます。

その4:アジアンなメニューには欠かせないパクチー

f:id:yattemiyoo:20180903123359j:plain

 数年前にブームになったパクチー、別名コリアンダー。東南アジアの料理が好きな人には絶対に育てて欲しい香草です。「自分でフォーやアジアンラーメンを作ってもなにか物足りない……」そうなった時に足りないのは高確率でパクチーです。柔らかい葉を数枚入れるだけで味がぐっとひきしまります。

イタリアンパセリのような見た目をしていますが、パセリのように育てるのは簡単です。臭いのせいか害虫が寄ってこないので、初心者にもおすすめです。こちらも一年草ですが、種を飛ばす逞しい植物です。

 

苦手な人も多いけど、使いこなせば

香草は香りが強いので、苦手な人も多いでしょう。栽培が容易なものを選んで紹介しましたが、好き嫌いが分かれるものもあったでしょう(特にパクチー

しかし、香草はその香りで料理をひきしめてくれます。本場やプロの味を意識するなら欠かせない存在です。自分や家族が好きなものだけでもいいので、是非料理に活用して欲しいと思います。

死ぬまでに一度は行ってみたい?スリランカ旅行

日本での知名度はまだまだ?スリランカ

f:id:yattemiyoo:20180830214616j:plain

スリランカを旅行してきました」というと大抵「え、どこ?」と聞かれます。まったく耳にしない名前というわけでもないのですが、そこから踏み込んで知ろうとする人はあまりいないのかもしれません。「スリランカじゃわかりにくいよね、セイロン島だよ」と言っても「紅茶のセイロン?だからどこ?」と言われてしまいます。旅番組で極々たまに取り上げられはしますが、それでも日本での知名度はあまり高くないようです。

スリランカってどんな国?

スリランカはインドの南東にある島国です。滴が滴るような形をしていることから「インド洋の涙」とも呼ばれています。日本からは飛行機で9時間程度の距離です。

通貨の単位はスリランカ・ルピー。レートは変動しますが、Rs.1=0.7円程度で計算すればわかりやすいと思います。

シンハラ語タミル語公用語ですが、都市部なら英語表記も多く目にします。

仏教の国

f:id:yattemiyoo:20180830214447j:plain

国民の7割は仏教であり、穏やかな国民性です。凶悪犯罪はそれほどないらしいので、比較的安心して観光できるのではないでしょうか。ただ、スリやサギといった軽犯罪やトラブルはそれなりにあるようなので(特に観光地)、十分注意をするようにしましょう。

 

交通事情

f:id:yattemiyoo:20180830214532j:plain

飛行機の発着が遅れることが多いので、移動時間にはゆとりをもって日程を組んだ方がいいでしょう。私は5時間遅れて冷や汗をかきましたが、7時間遅れるなんてこともざらにあるようです。

 

スリランカでは自動車やバイクの運転は正直、荒いです。車と車の間をぬうようにビュンビュン飛ばすのは当然として、渋滞中であれば歩道を走る車さえいます。それも大型のバスがです。歩道を歩いていても決して油断はしないようにしましょう。
市民の足、トゥクトゥクはガンガン飛ばすことは稀ですが、出入り口側には戸がないので転落しないように十分注意しましょう。
列車の車両にも戸がないので安全な位置を選び、手すりにしっかりつかまるようにしてください。たまに事故があるようです。

 

名産品

紅茶

セイロン島と呼ばれるように、スリランカは紅茶の産地です。かつては珈琲も栽培していたのですが、病気の流行により木がほとんど枯れてしまい、お茶の栽培へと切り替わったと言われています。食後の飲み物で紅茶と珈琲で迷ったら是非紅茶を選んで見てください。イギリスの植民地だったので、紅茶文化が発達しています。田舎の大衆食堂のような場所でも美味しいミルクティーを楽しむことができました。

宝石

アレキサンドライト、サファイヤ、ルビー、ムーンストーン、ガーネット等が産出されています。「宝石博物館」の看板を各都市で目にすることができます。販売を目的としている施設ではありますが、場所によっては実際の加工現場も見ることができるので興味のある人は是非訪れてみてください。「買わないと出づらい……」という場合でも、予算がないことを告げると比較的安価なアメジストを見せてくれます。記念に購入してもいいかもしれません。

香辛料

スリランカは香辛料の宝庫です。日本では高いものでも、現地では5分の1程度の値段で売られている……なんてこともあります。スパイスガーデンという観光農園もありますが、大量購入はスーパーをおすすめします。しっかり個包装されていますし、観光農園のものよりずっとお得な値段です。

 

街中に白い煙がのぼる?

早朝のスリランカの街では白い煙がもくもくと立ち上っていることがあります。コロンボのような大きい都市では頻繁に目にすることになるでしょう。それは蚊を駆除する殺虫剤なので、吸い込まないように気を付けてください。一年を通して25度以上が平均気温のスリランカでは蚊の発生が頭の痛い問題となっています。近年ではデング熱の懸念もあり、防虫対策、とりわけ蚊の対策はしっかりしていくようにしましょう。「やりすぎ!」というくらいでちょうどいいと思います。

私は肌には防虫スプレーをたっぷり吹きかけ、カバンや服には防虫シールやリングを付けるという完全防備で臨みました。そのかいあって5日間の旅行中一度も刺されることがありませんでした。

 

 

スリランカを旅するなら

f:id:yattemiyoo:20180830214432j:plain

スリランカという国を旅して気づいたことをざっくりと紹介してみました。スリランカはガイドブックが少なく(書店で探しても地球の歩き方地球の歩き方arucoくらいしか見つからなかった)、ネットでの情報収集が特に大事な国だと思います。デング熱等の感染症の流行、テロといった事件も日本のテレビでは放送されないだけで、現地では起きてているのです。スリランカを旅する予定の人は、観光相、大使館、外務省海外安全ホームページはこまめにチェックしておいてください。

 

各観光地の紹介を別の記事でもしていくつもりです。

スリランカとお金の話

まるで天空の城ラピュタ?神秘の岩山シーギリアロック

よかったら読んでみてください。

意外に知られていない?厳粛な祭典、金刀比羅宮例大祭

金比羅船々

金刀比羅参りを謡った「金比羅船々」というお座敷遊びをしていますか?知っている人はあまりいないでしょう……といいたいところですが、「にほんごであそぼ」で取り上げられたこともあるので、聴いたことがある人もいるかもしれません。

 

金毘羅船々(こんぴらふねふね) 追風(おいて)に帆かけて
シュラシュシュシュ まわれば 四国は 讃州(さんしゅう)
那珂の郡(なかのごおり) 象頭山(ぞうずさん)
金毘羅大権現(だいごんげん) 一度まわれば

 

という一番の歌詞からわかるように、本州からの参拝(海路)も多かったようです。江戸時代において一生に一度は行きたいのがお伊勢参り。その際ちょっと足を延ばしてまわる、それが四国の金比羅宮でした。伊勢神宮へのお陰参りに次ぐ庶民の憧れだったのです。

 

 

金刀比羅宮のご利益は?

こんぴらさん」の名で呼ばれることも多い金比羅宮は、全国の金比羅神社総本宮です。大物主神主祭神としていますが、崇徳天皇も祀っている上、山岳信仰の名残も残っており、若い人たちにもパワースポットとして親しまれているようです。

航海安全にご利益があり、そこから転じて交通安全に関する願掛けにもご利益があると言われています。境内には奉納された船の写真が数多く並べられています。

 

一年でもっとも厳粛な祭典、例大祭

f:id:yattemiyoo:20180829171204j:plain

金比羅宮はどのシーズンに参拝しても趣があります。本宮までの石段は785段ありますが、汗を流しながら眺める雪や桜、深緑は格別なものがあります。

私はその中でも例大祭の時の参拝をおすすめします。毎年10月9日~11日に開催される例大祭の中でも10日21時の「おさがり」は総勢500人もの人が平安時代を彷彿させる装いで神輿行列をします。

「おさがり」とは?

f:id:yattemiyoo:20180829171219j:plain

御神幸することを、親しみを込めておさがりと呼んでいます。象頭山の中腹ある金比羅本宮から麓へ移動をするので「おさがり」というわけです。

おさがりの見どころ

f:id:yattemiyoo:20180829171229j:plain

初めての例大祭であれば、「おさがり」の瞬間に立ち会うのがおすすめです。本殿から神輿がせり出してくるのは圧巻で、息をのむのも忘れてしまうほどです。海の祭事はあら荒々しいとはよく言いますが、金比羅宮も海運に携わっているだけあって中々荒々しい掛け声も飛び交います。

運動不足だと、ただ歩くだけでも足ががくがくする石段を神輿が少しずつ下っていくのにあわせて雅楽が流れ、松明に明かりがともります。

行列を眺めていると、いろんな役回りの人がいます。毛槍・鳥毛をうちふるう人を先頭に、「お頭人さん」が男女2名ずつ、神馬、神職、巫女、舞人、伶人、五人百姓、庄官……といった具合に長い長い行列をつくっています。

今年の例大祭は?

f:id:yattemiyoo:20180829171241j:plain

2018年の10月9日~11日は火水木。平日ということもあり、遠方から参拝するのは中々難しいかもしれませんが、平安時代にタイムスリップしたような気分を味わうことができます。