なんやかん㋳

好きなことの覚書であったり、紹介をしていくつもりです。

一度はやっておきたいテーブルゲーム。人狼入門

ゲーム好きならやっておきたいテーブルゲーム

テーブルゲームという言葉をご存知でしょうか。

ざっくりとした説明としては、ボードゲームやカードゲームといった、テーブルを仲間で囲ってワイワイやるゲームの総称です。TVゲームであれば進行をプログラムが演出してくれますが、テーブルゲームではルールをプレイヤー間で順守することによって進行していきます。トランプやすごろく、オセロもテーブルゲームの一部であると言えばイメージがしやすいと思います。 

チーム戦の人狼ゲーム

テーブルゲームの中でも最近コアな人気を誇るのが「人狼」です。「汝は人狼なりや?」の名称でも親しまれています。このゲームをテーマにした映画「人狼ゲーム」が2013年に公開されており、名前だけでも聞いたことはあるかもしれません。

人狼ゲームの原型となるゲームは1930年頃のヨーロッパにあったと言われ、昔からあるゲームのようです。2001年にカードゲームとしてルールの整備がされました。

詳しいルール解説は他のサイトに譲るとして。 市民チームと人狼チームに分かれ、会話による推理をすることで勝利を競うゲームです。

人狼に必要な人数

人狼ゲームはチーム戦、つまりある程度の人数が必要なゲームだということです。ゲームの進行をする役割のGMゲームマスター)をアプリで代用すれば、人狼ゲームは最低3人いればできますが、あまり人数が少ないとこのゲームの醍醐味である「会話による推理の楽しみ」が薄れてしまいます。「少人数で短いスパンでする方が楽しい」という意見もあるようですが、それでも4~5人はいた方がいいでしょう。

 

必要な人数をそろえるのが困難である場合

そうなってくるとメンバーを集めるのがなかなか大変です。それだけの人数が一度に集まる場所も必要となってきます。

オンライン人狼

一番手っ取り早いのがオンラインでのプレイです。愛好家が多い人狼はアプリやサーバーが数多く存在しています。

代表的なものだと、「るる鯖」「月狼国」「月下人狼」「人狼BBS」といったものがあります。これらのサイトで参加者募集中の村(所謂卓)にログインすれば、ゲームを始めることができます。他にもサイトはまだまだありますので、是非自分にあった雰囲気ややりたい役職があるサイトを探してみてください。

TRPGの集まりに参加する

人狼TRPGであるか否かの論争はひとまず置いておくとして。全国各地でTRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)の愛好家が集まるイベントが同士の手によって開催されています。人狼のイベントなんかもあるようです。主催者さんの考え方にもよりますが、初心者でも大歓迎!という場合が多いので、一度問い合わせをしてみましょう。
こういったイベントはツイッターフェイスブックで開催日や場所の告知をしていることが多いので、こまめにチェックをしておいたらいいかもしれません。

 TRPGカフェに行く

場所は限定されますが、TRPG人狼を開催しているカフェがあります。人狼に特化したお店であれば、東京、大阪、名古屋、福岡に店舗をもつ「人狼HOUSE」が有名です。予約をしなくても1人でふらっと立ち寄ることができますが、貸し切りとなっている場合もあるので、お店のHPで予定を確認しておいた方が安心です。

 

とりあえずは雰囲気をつかもう

ルールを把握したら、すぐにでも始めたくなるのが人の心というものですが、上記3つのやり方で(オンライン・イベント・TRPGカフェ)友人知人以外と遊ぶ場合、一度その場所の雰囲気をつかんでおいた方がいいかもしれません。オンラインであれば過去ログを読む。お店やイベントであれば人のプレイを見るといったことをしておけば、ゲームの進行をよりイメージできるでしょう。

人狼テーブルゲームです。対戦する相手はコンピューターではないのです。気持ちよく遊ぶためにも、対戦相手があくまで人であるということを念頭に置いて、マナーを守ったプレイを心掛けましょう。

和気あいあいとプレイできれば、推理のドキドキに魅了されること間違いなしです。