なんやかん㋳

好きなことの覚書であったり、紹介をしていくつもりです。

たった1つだけ野菜を育てるとしたら。初心者にはニラがおすすめ

ベランダ菜園でおすすめする野菜

小さい庭、あるいはベランダ。日当たりは良好だし、何か育てよう!そうなった時にあなたなら何を育てますか?小学校や幼稚園を思い出してミニトマトやサツマイモを選ぶでしょうか。自分が好きな野菜を育てるのもいいかもしれません。鉢と品種選びを工夫すれば大抵の野菜はプランターでも育てることができます。

ただ、もし何を育てればいいのか分からない。そんな場合、私はニラをおすすめします。

なぜニラなのか

長く楽しめる多年草

f:id:yattemiyoo:20180822154838j:plain

ニラはネギ科に属する多年草です。紫蘇やパセリ、バジルといった使い勝手のよい香草を差し置いておすすめしている理由はそこです。手塩にかけて育てていても、一年草であれば冬になるころには枯れてしまいます。多年草一年草の概念がない子供のころ、私はそれで寂しい思いをしたことがあります。

割り切って春~秋の間、一年草を楽しむのもいいですが、せっかく育てるからには長く楽しんで欲しいと思います。同じ多年草の野菜には他にアスパラもありますが、こちらは肥料食いといわれるほど肥料が必要な上、深めのプランターが必要となります。初心者はニラの方がいいでしょう。

何度でも収穫できる

f:id:yattemiyoo:20180822154854j:plain

ネギと同じように根さえ生きていれば何度でも収穫ができます。種から育てたニラは最初は細い糸のような形状をしていますが、収穫を繰り返し、歳月がたつことでスーパーでお馴染みのきしめんのような葉に育っていきます。

日が短くなり、低温になる冬は休眠期間に入って葉が枯れますが、死んでしまう訳ではありません。根が生きているので春になると芽吹きます。

虫がつきにくい

家庭菜園をしていると、害虫に悩まされます。無農薬で育てられるのが家庭菜園の魅力なのに、虫まみれになって収穫ができなければ意味がありません。

しかしニラはあの臭いのおかげもあって虫があまり寄ってこないのです。警戒するのはアブラムシくらいで大丈夫です。日当たりと風通しが良い場所で、しっかり水をやって育てていれば問題ありません。

ニラが茂ったら適宜収穫をしていきましょう。風通りが良くなり、蒸れるのも防ぐことができます。収穫が防虫対策の一環になるのは楽でいいですね。

コスパがいい

ニラは長期保存ができません。スーパーで買った束を使い切れずに置いておくとすぐにカラカラに干からびるか、どろどろに腐って溶けるかになってしまいます。しかし、自宅で栽培しているとその都度収穫をすることで新鮮なニラが必要なだけ手に入ります。

「1束もはいらないけど、ちょっとだけ欲しい」というニーズにもばっちり答えられるのです。先述したようにニラは何度でも収穫できるので、200~300円程度で苗や種を購入したとしても、スーパーで1束50~100円で購入するよりも安くなります。使用量に対して成長が追い付かなかったとしても、ニラは株分け、種で簡単に増やすことができるので一度購入すればあとはスペースのゆとりに応じて増やしていくことができます。

 

 種と苗。どれからのスタートがいいか

ニラを育て始める場合、種と苗どちらがいいか。それはそれぞれの好みでいいと思います。1から自分が育てた!という達成感があるのは種ですし、早く収穫をはじめたければ苗の購入がいいでしょう。

苗から栽培をスタートして、秋にできる種を入手して、新しい鉢で育てていくのもいいかもしれません。

 

ニラを植える場合の注意点

ニラは似たような外見をもつ植物が多いです。ハナニラはその代表格で、葉がニラそのものな上、臭いまで似ています。花は全く異なるのですが、葉を食べるニラでは気づかないことが往々にしてあります。誤植を防ぐためにもニラの周辺には紛らわしい植物を絶対に植えないようにしましょう。私はニラと似た葉をもつ観賞植物と並べて育ててしまった為に、結局廃棄することになりました。プランターを分けていたとしても種を飛ばしあうので油断は禁物です。