なんやかん㋳

好きなことの覚書であったり、紹介をしていくつもりです。

鳥のトイレで悩む日々。知っておけば少しは楽になる。

鳥とトイレ

鳥は体の構造上、トイレをしつけることは難しいと言われています。知能は高いので、時間と根気があれば不可能ではないと言われていますが、中々成功している人は少ないようです。

可愛いペットと言えど、糞は糞。そのままにしておくことはできません。愛鳥が粗相をする度に掃除をして回っていても、取りこぼしがあればシミになってしまいます。私も放鳥中は目を光らせているつもりですが、「あ!こんなところに!」と悲鳴をあげてしまうことがどうしてもあります。固めの糞であればいいのですが、水っぽいものとなると掃除には苦労してしまいます。

鳥を部屋で自由にさせる上で、排泄問題に悩んでいる人は少なくないようです。

インコ類の場合:しつけは難しいけど……?

排泄のタイミングをつかむ

インコのような飛行が得意な小鳥の場合、ケージから出してすぐは注意をしてください。鳥は飛ぶ時に少しでも体を軽くしようとする習性があります。飛ぶ前に排泄で準備をするというわけです。ですので、飛び立つ前に注意をしていれば糞の回収はしやすくなります。

お尻をふったり、毛を膨らませたりなどしたときも「さあするぞ!」という合図なのでさっとチリ紙で受け止めるようにしましょう。

お気に入りの場所をみつける

人間が「ここでするように」と言ったところでその通りにしてくれることは稀ですが、鳥にもお気に入りの場所を作ることがあるようです。安心できる場所というのがポイントのようです。飛ぶ鳥であればカーテンレールや家具の上といったある程度高さがある場所が選ばれる傾向があります。

愛鳥を観察して、「ここはよく排泄をする場所」というのがあれば注意をするようにしましょう。

 

ニワトリ等の場合:トイレのタイミングがつかみづらい、でも大丈夫…?

トイレのタイミングが把握しやすいインコ類に対して、ニワトリやウズラはトイレで苦労をします。これらの家禽は飛び立つというよりジャンプが主ですし、糞のタイミングがつかみづらいです。そしてなにより糞が多い。そして臭い。普段はコロコロとした糞をしますが、盲腸便と言われるべたっとした糞は想像を絶する臭いがします。カーペットの上でされたら最悪です。

鳥のおむつ

世の室内飼いの愛好家たちはこの苦行にひたすら耐えているのかと思うと実はそうではないようです。というのも実は鳥用のおむつが開発されているからです。体が小さな小鳥には装着が難しいおむつも、ニワトリやウズラといった大型の鳥であれば問題なく使うことができます。

おむつの入手

愛鳥のサイズによって使用するおむつは当然変わってきます。ですので特注をするか、サイズを測って適したものを購入するのが手っ取り早いです。「トリトレット」「鳥さんのおしめを作る会」で5000円前後で入手することができます。

ただおむつを嫌う鳥もいます。そうなると「使用できるかもわからないものに5000円はちょっとかけづらい……」となる人も当然いるでしょう。その場合は「鳥さんのおしめを作る会」で配布されている壁紙を使って自作するのも手です。

ニワトリ・カモ用であれば、15×15cmの布が4枚あれば作成できます。2時間程度あれば大丈夫です。不器用な私もなんとか作ることができました。

 

臭いものに蓋をするだけじゃだめ

糞は臭いです。汚いです。

しかし、上手に付き合えば愛鳥の健康状態を知る大事なバロメータとなります。生き物は体調不良を隠そうとしますが、糞は雄弁です。糞を片付ける際に「汚いなあ」とさっさと片付けるだけでなく、どんな糞をしたのか忘れずにチェックをするようにしましょう。大事な愛鳥に向き合うということは糞と向き合うことでもあります。